看護師の病院で働く時の仕事の内容の悩みについて

看護師として病院で勤務をしている時、とても辛いと思うことが多くあります。そしてそのことについて悩みます。その内容について、まとめてみました。

 

・忙しくて休憩が取れない時
看護師は忙しくて、休憩が取れないこともあります。そんな時が立て続けに起きると、とても辛い気持ちになります。忙しいということはわかるのですが、その度に体が壊れてしまうのではないかという、心配があるのです。
そのため、そのことが続くと、不安になってしまいます。また夜勤で休憩を取ることができないとなると、その夜勤が終了した後に、体が回復をするのに時間がかかるのです。
夜勤のあとは、休みとなっていることが多いですが、その時にもどこにも出かけることができないくらい、体が疲れていることがあります。その時、ここで働くことは無理かもと、真剣に悩むことがあります。

 

・腰痛となった時
看護師の職業病共言える、腰痛は真剣に悩みます。看護師の場合、患者さんを移動させたり、入浴を介助したりするときに、腰部にかなり刺激があります。その時、腰痛となることが多いのです。
しかも連日そのような痛みがあると、このまま痛みが取れないのではないかという、不安な気持ちになります。そして、部署移動を希望したいと、思うこともあります。または、自分にはこの仕事が合っていないと、思うこともあるほどです。
体の痛みは、そのまま心の痛みとなって、仕事をすること自体できないのではないかという、悩みになってしまうことがあります。

 

・残業が多い時
残業が多いということは、プライベートな時間が少なくなります。そのため、友人と約束をしたり、家族のある人は、家族に迷惑をかけることになるので、そのようなことで悩むことが多くなります。
仕事をすることが楽しいと思っても、残業が多くなって、自分の生活に支障があると思った時、仕事を続けることが難しいという気持ちに、変化をすることがあります。自分は何のために働いているのだろうという、不安な気持ちになるのです。そんな時、もっと残業の少ない病院に転職をしたいと、悩むことになります。

 

・病気になった時
病気になった時、看護師が重労働であることを、不安に思います。それは、復帰をすることができるだろうかということです。病院で勤務をする時には、かなり重労働であるということがわかっているので、その病気が回復をしたとしても、そこで復帰をすることができるだろうかと、その病気をしている期間に悩みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です